ブログトップ

宅建試験リベンジ!宅建に合格するまでの日記

idm2.exblog.jp

宅建浪人が宅建に合格するまでの日記

宅建合格には苦手分野は捨てるべし!

この記事は、

メルマガ「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」

       ~てっとり早く合格しよう~  を転載しています。

 

>>宅建合格フルセット~宅建合格には苦手分野は捨てるべし~

 

 


 


===============================

 ◇「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」

       ~てっとり早く合格しよう~

                     2009年12月21日 No.97-1

  ☆バックナンバーは下記URLから。

   http://watatani.net/neo/bn.php?mag_id=1

===============================

みなさん、こんばんは(^_^)

悠々です。

いやー昨日のMー1は盛り上がりましたね~

優勝したパンクブーブー面白かったですねぇ~

悠々の予想ははずれましたが~(笑)


続きは編集後記で。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

このメルマガは、

月曜:5点免除部分攻略

火曜・木曜・土曜・日曜:おなじみ一問一答

水曜:15歳の少年・ハルサメ君の宅建合格までの奮戦記

金曜:宅建学習のために頭をリフレッシュシリーズ

というMENUでお届けしています(^_^)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

今日は月曜日、5点免除免除攻略です!

では担当のWataさん、よろしくです~



Wata:(以下:w)前回は「等高線」について、お話ししましたね。

うさ:(以下:う)はい、「等高線の間隔」について学びました!

w:しっかりチェックしておいてくださいね。

う:はい!

w:今回からは「土地」の分野で出題される「宅地としての適否」を

見ていきたいと思います。


う:適否??


w:ようするに、「宅地として好ましいか?」ということです。

頻出分野なので、しっかり確認していきましょう!


う:はい、よろしくお願いします!


w:宅地として利用するためには、

まず「地震や洪水などの災害に対して強い土地」

であるかということがポイントになってきます。

う:なるほど。


w:今日は「低地」について見ていきます。

低地とは読んで字のごとく。「周りより低い」土地のことをいいます。

宅地に適していると思いますか?


う: う~ん、日本の大きな街は大体が低地にありますよね?

だったら適しているのではないかな・・・


w:日本の大都市が低地にある、というのは確かですが

実は「適していないのです」


う:そうなんですか!!(汗)


w: 一般的にいえば、洪水や地震に弱いのです。

もっとも、先ほどのとおり、大都市の大部分が「低地」ですので、

宅地としての利用が避けられないともいえますが。


う:なんかすっきりしない、言い方ですね・・・

w:そうですね(笑)

まず、今週は基本的に「低地」は「宅地には適していない」

ということを押さえてください。

う:・・・はい。


w:来週は、「低地」の中でも宅地として

利用可能な場所について、見ていきたいと思います。

━┫編集後記┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

娘はノンスタイルのファンで

敗者復活戦で勝ちあがったときは大興奮!

結局3位に終わりましたが、

まぁよくやったんじゃないかと思います。

早くも来年が楽しみです!(^O^)

                          by 悠々

●○○● ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


====================================================================

☆発 行:office-oto(オフィス 音) http://office-oto.com/oto.html

 発行責任者:代表 綿谷 玲  Mail info@office-oto.com

★著者 Life-Shine 宅建講師 悠々

  http://www.life-shine.net/youyou/

●購読解除はこちらから

 http://watatani.net/neo/d.php?1_u9wcwqljaxf6onkz0655

▼オフィシャル ブログ

 15歳、宅建に挑戦!」 http://takken-harusame.office-oto.com/

             Copyright(C)office-oto Ltd.2008

====================================================================




[PR]
by kenji296606 | 2009-12-21 20:35 | 宅建合格の秘訣