ブログトップ

宅建試験リベンジ!宅建に合格するまでの日記

idm2.exblog.jp

宅建浪人が宅建に合格するまでの日記

<行為能力、意思表示3>民法基礎力チェック

この記事は、
メルマガ「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」
       ~てっとり早く合格しよう~  を転載しています。

>>宅建合格フルセット~宅建合格には苦手分野は捨てるべし~





===============================
 ◇「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」
       ~てっとり早く合格しよう~
                 2010年2月20日 No.105-5
===============================
こんばんは、宅建合格仕事人の悠々です(^_^)


昨日娘の幼なじみの友達から
電話がかかってきたようで~
そうです。一足先に受験して、
無事に合格したそうです。

「おめでとう~よかったね」とか言いながら
喋ってたみたいだけど、
電話を切った後はさすがに
ちょいと焦りモード(汗)

続きは編集後記で

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
このメルマガは、
火曜・木曜・土曜・日曜:おなじみ一問一答
水曜:15歳の少年・ハルサメ君の宅建合格までの奮戦記
金曜:宅建学習のために頭をリフレッシュシリーズ

というMENUでお届けしています(^_^)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


今日は土曜日、一問一答いってみましょう!

<行為能力、意思表示3>

(3)
法律行為の要素の錯誤があっても、
表意者に過失があった場合には、表意者は
錯誤による意思表示の無効を主張できない。








(答)×
要素の錯誤は大丈夫ですか~?

バリアフリーの103号室を買うつもりだったのに、
301号室の売買契約をしてしまった。

1,000,000万円の車を100,000円と
勘違いして契約してしまった。

このような場合ですね。

間違った人(表意者)が悪いのだから、
そのまま契約を進めなさい!
ってルールにはならないですね。

誰しも、錯誤=間違いはあるでしょう!

ある程度の間違いを認めてもらえないような
国には住みたくないですよね~(笑)

でも、重大なミスがあればさすがに許されないですね。

その言葉は、
↓   ↓
  “重大な過失”となります。

つまり、
無効を主張できないのは、
単なる過失ではなく、
表意者に“重大な過失”があった場合となります!

しっかり押さえておきましょう!(^^)

━┫編集後記┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まあ気にせず悠々とやればいいじゃない~」
と言っておいたところ、
その晩深夜テレビを見てまさかの大笑い(笑)~

大丈夫か、娘よ!?
                          by 悠々
●○○● ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

=============================================================
☆発 行
  office-oto(オフィス 音) http://office-oto.com/
  発行責任者: 代表 綿谷 玲 info@office-oto.com
★著者 Life-Shine 宅建講師 悠々先生 
  http://www.life-shine.net/takken/
▽オフィシャル ブログ
  「15歳、宅建に挑戦!」
    http://takken-harusame.office-oto.com/
           Copyright(C)office-oto Ltd.2008-2010
=============================================================

宅建合格には苦手分野は捨てるべし!

[PR]
by kenji296606 | 2010-02-20 19:48 | 宅建合格の秘訣