ブログトップ

宅建試験リベンジ!宅建に合格するまでの日記

idm2.exblog.jp

宅建浪人が宅建に合格するまでの日記

<条件・時効1>基礎力一問一答

この記事は、
メルマガ「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」
       ~てっとり早く合格しよう~  を転載しています。

>>宅建合格フルセット~宅建合格には苦手分野は捨てるべし~





===============================
 ◇「宅建合格の秘訣~苦手分野は捨てるべし!!」
       ~てっとり早く合格しよう~
                     2011年1月24日 No.154-1
===============================
こんばんは、wataです。


今日は【郵便制度施行記念日】です。

1871(明治4)年、東京・京都・大阪間で郵便業務が開始されました。

それまでは飛脚便に頼っていましたが、前島密の建議により郵便制度が定められ、
まず東京・京都・大阪間で営業が開始されました。

………………………………………………………………………………
これからしばらくは
月・火・木・金・土→→→「基礎力一問一答」
水→→→ 悠々先生の過去問題解説
日→→→ 一問一答とクイズ問題

というメニューでお送りしていきます!

どうぞお楽しみに(^_^)

………………………………………………………………………………

宅建合格仕事人の悠々です(^_^)


今日から民法編<条件・時効>です。

この分野も権利関係(民法)の中では頻出分野です。
”言い回し”に気をつけて問題を解いていきましょう!

今日は一問一答が1問です!



<条件・時効1>


(1)
AとBは、A所有の土地をBに売却する契約を停止条
件付で締結したが、停止条件の成否未定の間に、Bが死
亡した場合、Bの相続人は、AB間の契約における買主
としての地位を承継することができない。








(答)
"停止条件付契約"の問題ですね。
条件が成就(じょうじゅ)する前に、
肝心の所有者が死亡した場合です。
ポイントは、相続の対象になるのかどうか?ですね。
はい、停止条件付契約は立派に相続の対象となります。
よって、この場合は、Bの相続人は、買主の地位を承継します。


※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=
本日のメルマガ、お役に立てましたら
ポチっと、ワンクリック応援お願いします!
皆さんの応援が、メルマガを続ける活力です(^^)

人気ブログランキング
「資格・スキルアップ ブログランキング 」
http://blog.with2.net/link.php?659718

※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メルマガの内容や宅建学習で疑問点があれば
takken@office-oto.com
までお気軽に!
2営業日以内に返信します!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【実録・宅建合格体験記(1)】
鳥取県 K・Sさんはこうやって「苦手分野」を克服して
宅建に合格しました!
http://3od.biz/46ahtyAU


【実録・宅建合格体験記(2)】
名古屋市 R・Kさんはこうやって「十分に理解して」
宅建に合格しました!
http://3od.biz/9givFHMU



=============================================================
☆発 行
office-oto(オフィス 音) http://office-oto.com/
  発行責任者:綿谷 玲   info@office-oto.com

★著者 Life-Shine 宅建講師 悠々先生
  http://www.life-shine.net/youyou/

☆配信停止はこちらから
       http://www.mag2.com/m/0000266705.html
=============================================================




宅建合格には苦手分野は捨てるべし!






過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法 (DO BOOKS)

マル合格資格奪取! FP(ファイナンシャルプランニング)技能検定試験2級・3級
[PR]
by kenji296606 | 2011-01-24 21:03 | 宅建合格の秘訣